読書&映画感想覚え書き

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい人
美しい人 デラックス版美しい人 デラックス版
(2007/02/23)
キャシー・ベイカーエイミー・ブレナマン

商品詳細を見る


ウイリアム・フィクナー目当てで見たが、
とても9人の女達のとても切ない物語だった。
1話が10分程度の短い映像だけれど、
それぞれがひとりの女性の人生の断片を鋭く鮮やかに切り取って
映し出しているようで、惹きこまれた。
印象深かったのは、まず第2話のダイアナ。
スーパーで10年ぶりに昔の恋人に再会して、それぞれの近況を
語り合う。自分は妊娠して大きなお腹を抱え、男も既に結婚している。
懐かしさを振り切るように一旦は別れるが、男は駆け戻り
「まだ愛している」と告げ去っていく。
ダイアナが何事もなかったように日常に戻ろうとして、
それでもたまらずに駐車場まで男を追って行く姿が切なかった。
第6話ローナは、別れた夫アンドリュー(ウイリアム・フィクナー)
の後妻の葬儀に参列する。
後妻の自殺の原因だろうと疑う周囲の冷たい視線に耐えかねて
葬儀会場から抜け出そうとするローラをアンドリューは、
強引に個室に連れ込む。
聴力障害者であるアンドリューが手話と不自由な発音で
懸命にローラに愛を乞う場面が切なく哀しかった。
自分の元を去ったローラの身代りに結婚し、
その後もローラを想い続け、後妻を苦しめ死に追いやっても尚、
葬儀の直前に、性急に身体を求める男・・・そして
それを受け入れて仕舞う女。
罪の意識に震えながら、同時に背徳の蜜の味に酔いながら
どうしようもなく罪深く哀しい愛の姿だ。
第9話マギーは娘マリアと墓参りに訪れる。
布を広げピクニックのように寛ぐ二人だけれど、
穏やかな時間が過ぎてその場に残るのは、マギーの姿だけだ。
マギーが年老いた老女の姿で、マリアが幼い少女の姿だった訳が
明らかになる。
マギーの孤独、切なさが胸に迫った。
全9話の女性たちは、どれもまるで人生のエアーポケットに
嵌り込んだような場に居る。
それでも、愛を抱きしめて
“耐えていかなくちゃな、生きていかなくちゃなぁ”
そういうことなのだろうなと思った。

スポンサーサイト
Copyright © 覚え書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。