読書&映画感想覚え書き

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立ち~足寄より~
旅立ち~足寄より~ [DVD]旅立ち~足寄より~ [DVD]
(2009/07/17)
大東俊介奥貫 薫

商品詳細を見る
友に薦められてこの映画を見た。
歌の力の大きさ、そして人と人の出会いが生み出す力の大きさを感じた。
若き日の松山千春を演じた大東俊介が荒削りな原石の輝きを放っていてとても良い。
「昭和50年全国フォーク音楽祭・北海道大会」ここに赤のニッカポッカにサングラス姿で現れ、
鮮烈な印象を残しながらもあまりに生意気な言動で落選を余儀なくされるも、
ただ一人千春の才能を見抜く札幌ラジオ局ディレクター竹田を演じるのは、萩原聖人だ。
何とか千春を取り立てようと企画書を出し続け、ようやく15分のラジオ番組コーナーに抜擢する。
ひたむきに誠実に粘り強く千春を導いていく竹田の姿。
貧しい家庭に育ち人を信じることの出来なくなっていた千春。
二人が心を通わせ、北海道厚生年金会館で「いつかここをを満員にしよう」
「一緒に北海道でやっていこう」と誓うシーンに胸を熱くした。
昔私は、何故松山千春はずっと北海道で歌い続けているのかと思っていた。
ここに答えがあった。
『足寄は、自分が生きているってことを感じさせる町。故郷を大事にするってことは
自分を大事にすることだから』

ラジオ番組で着実に人気を獲得し、ついにレコードデビューを迎える。
寡黙で頑固者の千春の父を演じるのは、泉谷しげるだ。
こっそりラジオを聴いていたり、街に千春のレコードを買いに行ったりする様子が
本当に愛らしい。
人気者になった千春には、他TV局からの甘い誘いもある。
地元で酪農を営む友人の厳しい現実もある。
ラジオ局の一サラリーマンである竹田とのすれちがいも生まれる。
けれど誤解も解け、ファーストコンサートツアーがスタートし、
「明日、函館の会場で逢おう」
その約束が実現することは無かった。

この結末は、知っていた。
知っていたけれども、映画中盤から、ずっと涙が止まらなくなった。
映画のエンディングで松山千春本人のナレーションが流れる。
『……自分の歌の原点は、“生きている”という事です。
フォークソングは貧しい少年に、お前はこの世に生れて生きているんだよと
語りかけてくれました。だから今日も自分は、“みんな俺生きてるよ”って
歌います。この歌がこの叫びがあなたの心に届く事を信じています……』
心の中で精いっぱい拍手を送った。
『自分は、今ここで生きています』
スポンサーサイト
Copyright © 覚え書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。