読書&映画感想覚え書き

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トム・ダウド「いとしのレイラをミックスした男」
トム・ダウド いとしのレイラをミックスした男 [DVD]トム・ダウド いとしのレイラをミックスした男 [DVD]
(2006/09/15)
トム・ダウド

商品詳細を見る
先日吉井和哉が紹介してくれていたDVDを観た。
『超有名な音楽プロデューサー』だそうだが、
今まで全く知らなかった。
けれどこの方は、レコードエンジニアの先駆者といっていい
多大な功績を挙げて来られた方だった。
ジョン・コルトレーン、レイ・チャールズ、
ジョン・レスポール、アレサ・フランクリン、
オーティス・レディング、、、超一流のアーティスト達が
トム・ダウドに出逢い、信頼を寄せ、数多くのレコードを
世に送り出して行く。
「8トラック」「多重録音」を真っ先に取り入れたのが
このトム・ダウドだったのだという。
10代で音楽エンジニアの道に足を踏み入れたのだというが、
彼には意外な経歴があった。
『音楽以外の話では今の時代に無視できない
重要な問題が横たわっています』と吉井和哉が語っていたけれど、
それは、1942年~1946年コロンビア大学在学中に軍に招聘され
「マンハッタン計画」に関わっていたという事だ。
ビキニ環礁での核実験では現地で観測も行っていたのだそうだ。
当時のあの映像は、ちょうど今の日本の状況を思うと、
非常に怖ろしいものだった。
トム・ダウドがコロンビア大学に復学してそのまま
原子物理学の道に進んでいたらば、レーナード・スキナ―ドも
オールマン・ブラザーズバンドもそしてあの「レイラ」も
世に出ていなかったのだろう。
ギターの神様のようなエリック・クラプトンが
トム・ダウドを父親のような存在だと話す。
終盤の「いとしのレイラ」誕生のいきさつが
やはり非常に興味深かった。
デュアン・オールマンとエリック・クラプトン、
二人の才能あるギタリスト同志が言葉でなく音で、
理解し合い惹かれあい、そして新しい大きな力が
生まれて歴史に残る曲が刻まれた。
30年振りだと言いながらトム・ダウドがミキサーを操って、
『これがデュアンのパート』『そしてこれが重なって・・・』
『初めてミキシングする気分だ』と
少年のような笑みを浮かべるシーンで、思わず涙してしまった。
最後に『ピアノが好き。誰かが弾くピアノの音が好き』という
ピアノ曲を弾いた彼がとても愛おしく思えた。
最後に浮かびあがって来た文字は、
『大事なのは心の中のメロディーを
人に伝えることなのだ』だった。

いとしのレイラいとしのレイラ
(2006/06/21)
デレク・アンド・ドミノス

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Copyright © 覚え書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。